法華寺について

寺 宝

国 宝

維摩居士坐像

奈良時代

維摩居士(ゆいまこじ)は古代インドの裕福な商人で、架空とも実在ともいわれる人物です。身にまとった白衣(びゃくえ)は在家であることを表しますが、熱心に菩薩の修行を重ね、博識者としても知られました。
本像は病気の維摩居士を文殊菩薩が見舞い、問答をしたようすを表したものです。理性的で慈愛に満ちたまなざし、あごを引き、痩せて骨の浮き立った体を反らすようにして座る姿は実に写実的で、東大寺の良弁(ろうべん)僧正坐像、唐招提寺の鑑真和上坐像などと並び、肖像彫刻の傑作といわれています。長い間、麻布を漆で貼り合わせて造った奈良時代の乾漆像だとされてきましたが、2017年のX線CT撮影調査によって、本体は木造、衣の一部が乾漆造であることがわかり、重要文化財から国宝に昇格しました。
維摩会(ゆいまえ)の会場(えじょう)が法華寺から興福寺へ移ったのち、興福寺を懐かしんで像が自ら南東を向いたという伝説が残されています。

国 宝

阿弥陀三尊及び
童子画像
(絹本著色)

平安時代

大きさの異なる3幅から構成される珍しい来迎図で、光明皇后ご臨終の枕仏と伝えます。阿弥陀如来を正面から画面いっぱいに描く中軸は、縦186.0cm、横146.4cmと最も大きく、他に蓮台を捧げる観音菩薩と、宝蓋(ほうがい)を差し掛ける勢至(せいし)菩薩を描いた1幅、幡(ばん)を掲げ菩薩たちを先導するかのような童子を描く1幅からなります。平安時代にみられる典雅な浄土芸術の典型的な作品で、日本の絵画史上屈指の名作といわれます。

重要文化財

釈迦如来仏頭

丈六の釈迦如来坐像の頭部と考えられる、高さ約81cmの御仏頭です。桧材を用い、全体に漆箔(うるしはく)が施されていますが、眉間の白毫(びゃくごう)と頭部の螺髪(らほつ)はすでに失われています。すっきりとした眉や鼻梁、切れ長の眼、張りのあるみずみずしいお顔立ちに天平の創建当初がしのばれますが、制作年代は諸説唱えられています。

伝梵天
伝梵天
伝帝釈天
伝帝釈天

重要文化財

二天頭部
(伝梵天・伝帝釈天)

奈良時代

創建当時の金堂本尊は丈六の廬舎那仏であったと伝えます。梵天(ぼんてん)・帝釈天(たいしゃくてん)と伝える二天の頭部は、眷属として造られた一対の像の遺品で、高く結んだ髻(もとどり)と切れ長の眼が印象的です。いずれも一部に別材を用いつつ桧一材から彫り出され、麻布を貼って錆漆(さびうるし)を掛けており、様式、技術ともに天平彫刻の特徴をよく遺しています。

文殊菩薩騎獅像

鎌倉時代

獅子の背の蓮華座に坐し、左手には経巻を載せた蓮華、右手には剣を持ちます。装飾品の特徴などから、鎌倉時代中期、叡尊(えいそん)が法華寺復興にあたったのと同時代の作とみられています。X線CTスキャン調査では、舎利容器や巻物など約180点が像内に納められていることが判明しました。当時の納入方法を今に伝える学術的にも貴重な像です。

十一面観音菩薩像

室町時代

今は法華寺に祀られる十一面観音像ですが、光背の銘から、もともとは法華寺の南西に位置する鎮守社・宇奈多理坐高御魂(うなたりにいますたかみむすび)神社の本地仏(ほんじぶつ)として造られたものだったことがわかっています。右手に錫杖(しゃくじょう)を持つ、いわゆる長谷式十一面観音像で、長谷の観音信仰が盛んになった鎌倉時代以降、このような像が数多く造られました。

不動明王坐像

江戸時代

護摩堂の本尊・不動明王坐像は生駒宝山寺の中興の祖・湛海(たんかい)律師の作です。燃え盛る火焔を背に若々しい体躯で表現された不動明王は、儀軌(ぎき)に沿いつつも精神性のほとばしる湛海彫刻の特徴をよく示しています。湛海は江戸時代初期の人で不動信仰に篤く、不動明王像を彫り続け、護摩供に対する情熱から生涯に幾度もの十万枚護摩を行いました。

聖徳太子二歳像
聖徳太子二歳像
聖徳太子三歳像
聖徳太子三歳像

聖徳太子童子像

愛くるしい丸々とした顔立ち、ぽっちゃりとした体形。聖徳太子童子像は、二歳の春に東方を向き「南無仏」と唱えたという太子伝説にもとづいて造られました。安産や子安を願う人も多く“子安太子”とも呼ばれています。